土地登記・測量業務のご案内 建物登記業務のご案内

土地登記・測量業務のご案内

新たに土地の表示が必要な方

不動産登記簿の表題部と呼ばれる不動産の現状を表示する欄に、所在、地番、地目、地積が記載されます。道路・水路などを払下げされた場合がこれにあたります。

更に詳しく

ひとつの土地を分けたい

土地の分筆登記とは登記記録上1つの土地を数筆の土地に分割する登記のことをいいます。

更に詳しく

複数の土地をまとめたい

数個の土地を合わせて一つの土地にする登記です。つまり2つ以上の登記簿を1つにする事です。

更に詳しく

土地の利用方法を変更したい

土地の用途や使用目的に変更があった場合に、登記簿の内容も同じように変更する手続きのこと土地地目変更登記といいます。

更に詳しく

登記簿上の面積が違う

実際に測量した土地の面積(実測面積)と登記簿の面積(公簿面積)が異なる場合に、登記簿の内容を実測面積に更正する手続きのことを土地地積更正登記といいます。

更に詳しく

土地を境界をはっきり

(境界)確定測量とは、土地の境界を明確に確定させる測量です。 土地の境界を確定させるためには隣接地との境界立会いを行い境界を確定させる必要があります。

更に詳しく

▲PAGETOP

建物登記業務のご案内

建物を新築したときに

一戸建ての住宅や店舗、賃貸アパート等の建物を新築したときを建物表題登記といいます。

更に詳しく

建物が滅失した場合

建物を取り壊したり、地震や火災で建物が倒壊・焼失した場合に、その建物の表題部を抹消し登記簿を閉鎖するためにする登記です。

更に詳しく

増築や屋根の材質を変更

既に登記された建物の状態に変更があった時に申請する登記です。建物の状態に変更が生じる時とは例えば、建物を増改築などをして床面積が増減したり、居宅として使用している建物を使って商売を始めるような時、附属建物として車庫を建てた場合のなどを言います。

更に詳しく

マンションを建てた場合

区分建物とは正式には『区分所有建物』といいます。そして区分建物表題登記とは区分建物(マンション)を建てて一番最初にしなければならない登記です。

更に詳しく

このページのトップに戻る